淡墨桜(うすずみざくら)
淡桜全貌12年越しのお約束で
淡墨桜の観賞のお誘いがあって
今日行ってきました。

自称晴れ女ですが
樹齢1500年の古木には足元にも
及ばず 一日中 雨・・・・


岐阜県本巣市の淡墨公園内

逆に雨の月曜日は 人出も少なく、私はそれなりに満喫できてよかった。
背景の山々にかかる霧に桜、が幻想的で雨の日にしか見れない景色に遭遇したし。

日本五大桜または三大巨桜、そしてなんと云っても樹齢1500年以上という
圧倒的な存在感!!  何本もの添え木で樹形を支えられてはいても
やや白っぽい花をいっぱい付けて毎年咲き誇っているのです! そして今年も・・・

1500年以上も同じところに立ち続け 毎春には桜の花をつけ続ける。
大雪で幹の一部が亀裂したり、伊勢湾台風で被害を受けたりしながら・・・
そこに居続けてほしいものの役割を担っているかのようです。

淡墨桜全貌

ここ数年は 全く取引のないお得意先の会社が 名岐地区にあり
お互い気にかけていることが分かり、お寄りすることにしていました・・・・

”おいしいお菓子を用意して お待ちしています”と。 ホントにお菓子食べて歓談!
よい仕事をした人達とは、何年か後もこうしてお話ができるんですねぇ。うれしいです。


ちなみに淡墨桜とは 散りぎわに特異の淡い墨色になることから。
今日は未だ?・・・・

2010/04/12 23:30 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<池田炭(菊炭) 伝統体験 4・5回目 | ホーム | Maako Spring 2010 デビュー公開!!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |