透明人間になれたら?
              透明人間 

昨日は 東京に日帰りでお仕事・・・・しばたじゅんこさんには会えなかったけど彼女の
情報どおり、合皮やニットロングカーディ、それにカシミヤのストールも目につきましたよ。
急に 寒くなって来ましたものネェ~

仕事が早めに終わったので 先月新しく生まれ変わった 根津美術館にちょっと
駆け足で行ってきました。  展示物より有機的建築家 隈研吾さんの建物を見に。

正面から本館入り口へのアプローチが とにかく深いひさしで印象的でした。
あと 竹や石を使って心を落ち着かせてくれる 寛容な空間が感じられたなぁ・・・・

実は それより興味誘うもの見っけ・・・
”王朝人の筆のあと”を 表装して掛け軸に仕立てる 金襴緞子の裂地の組合せ!
その日本人の美意識にクラクラするほどでした 

もともと 大陸からの渡来織物の金襴や緞子は貴人に珍重され 装束などのために
裁ち切られたあとの 切れ端をパッチワーク?したのが 掛け軸の表装らしい・・・
(そう言えば、なんでこんなに接ぎ目があるのかと 思ってた)
小さな切れ端を大切につなぎあわせ 茶道具を包む美しい袋物はまさに芸術品です

きれいなものを鑑賞して ふわふわとした気分で 帰路の羽田空港まで着たら
キャッ! 天井からこんなものが~~ ふわ~ふわ~ 見えてるぞ! 透明人間。


合皮の縫い方のアドバイスは 続きをどうぞ


合皮の扱い方

☆ 裏を付けないなら 裏面のきれいな合皮を選びましょう。
  (サイトのブルゾンを作るなら 柔らかめで あまり張らないものにしてね)
☆ 基本的にアイロンはかけられませんが 低温で裏面より あて布をしたら大丈夫。
  (必ず 残布で試してください。)
☆ 縫い代の端は 裁ちきりのままでいいです。 裏無しなら端はきれいにカットしてね。
☆ 合皮用の押さえ金や すべりをよくするシリコンスプレーなどありますが どれも
   一度試してからうまくいかない時、端切れを持って行き お店で相談すること。
   (無駄使いは したくないでしょ・・・) 
☆ 縫い代は 布用ボンドか洋裁用の両面接着テープで固定して軽くアイロンする。
   私は文房具のスティックのりでやっちゃいます。( 合皮は何年も着れる物ではないので) 
☆ 針目が開いてしまうので縫い直しができませんが 気楽に縫ってください
   多少のことは 本人が思うほど 周りは気づかないものです 
2009/11/03 03:46 | 未分類 | コメント(3) | トラックバック(0)
<<居心地のよい場所 | ホーム | グランマ(masako)のおはなし>>
コメント
はぎれ
以前、東京出張した時に根津美術館に立ち寄ったら、工事中で閉館しててがっかりして帰ってきた事がありました。完成したんですか~機会があったら是非行ってみます。いろんな生地切れ端、なんか魅力的ですよね・・・昔の人は、生地の切れ端も大切にして上手に生かしてたんですよね。残り物のコラージュっていいものです。いろんな生地を貼ってフレームに入れて壁掛けにしたり・・・わたしもその世界にハマっていきそうです。ただ、端切れの整理整頓ができないので、困ってます。
2009/11/08 18:35| URL | keiko #G4qV.gV6 [ 編集 ]
keikoさんはフランス人?
keikoさん、コメントありがとうございます。
いつも思っていたんですが、Keikoさんの作る手作りBAGの感性は まるでフランス人のように
キュートです。 作品の写真、一度UPしてみてください~v-238
2009/11/08 22:32| URL | →keiko #- [ 編集 ]
制作中です。
ごちゃ混ぜ文化の街の大阪人です。

只今、BAG制作中です。
針をもってざくざく生地を刺していくのって、たのしいですよv-238

出来上がったら見てもらいましょうか~
2009/11/08 22:51| URL | keiko #G4qV.gV6 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |