琉球アジアコレクション画像
沖縄の「PAIKAJI」さんから ショーの時のモデル着用画像が届きましたので
ショーのときの作品とトワル組み立てを並べてみました。
パタンナーにとっては興味深いことなんですよねぇ~!

“トワル組み立て”というのは 平面で作成したパターン(型紙)をトワルと
いう素材で立体に組み立てて、確認する工程のことです。
一からドレーピングで組み立てるより、時間が削減できて合理的な方法ですが
綺麗にお見せするまでに、実は何度も試作をくりかえしているのです・・・

イメージに沿わせる為トワルを手直しするには、やはりドレーピングのテク
ニックが必要になってきます。

DSC_2300-250.jpg




RIMG0111-250.jpg


DSC_2291-250.jpg




オーバー2


DSC_2267-250.jpg



200-133 itou


DSC_2254-250.jpg



003 156-250


DSC_2229-250.jpg



P7210104-250.jpg


DSC_2187-250.jpg




03-250-160.jpg


FSmikiのパタンナーの多くは在宅でお仕事をしています。
このあり方はずっと以前からで 一般的にアウトソーシングとかSOHOとかの
言葉が出てくるそのずっと前から、ほとんど同じシステムでやっています。
みんな実力派なので 今回のように遠く沖縄までトワル組み立てを送る時間がないときは
自宅で撮った画像データを送り、検討していただくことにしました。






2011/09/21 13:00 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<金のペンダント | ホーム | 天空に架かる橋>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |