陽はまた昇る
砂丘の朝陽
                                       鳥取砂丘の朝陽 11.04.05

東日本大震災以来、自分の中で少し心境の変化が起きたように思います。
こんな大きな天災の後は きっと誰もが多少なりとも考える?

考えている時というのは意外と静かなものなんです。 私もまわりも、今は静かです。
そして元気な人から 少しずつアクションを起こしていくのでしょうか。


丁度、東北への支援物資募集の話が来たこともあり
まず、私は身軽に動けるようにまわりを整理整頓することから始めました。
そうすると必要なものだけが残って、それは案外ほんの少し。

休日にじっくり時間をかけて公私の倉庫を片付けていると、こんなものが出てきました。
幼い頃、父からもらった木のオルゴールです。
磨いて手を加えると 動き出しました。 曲は「荒城の月」・・・・
 
              オルゴール220


ホントに大切にしていたいものって、こういうものなのかもしれませんね。
長い年月のあとに 分かること・・・・
 



「荒城の月」
    歌詞にある「千代の松」というのは「仙台(城)の松」という意味と 「千代」は
    長い年月という意味もあって 両方を掛け合わせているとの事。
    仙台城には「荒城の月」の句碑があるそうです。 



2011/04/14 01:00 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<Glicoのおまけ | ホーム | サクラ満開の日曜日>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |