”仮縫い”の効果
まわりを見ると ちょっとお裁縫ができても、そうでなくても
案外 ”生地好き”が 多いですよねぇ~

私も生地を見ていると俄然、創作意欲が湧いてきて ついつい衝動買いしてしまいます。

サクレクール

フランス人(?)のKeikoさんとフランスの手芸品店やサクレクールの生地屋さん巡りをした時
も、あれもこれもと買って気がつけば一反分(50m)を担いで帰ったこともあるんです~(苦笑)


サクレクール 生地屋
今回サイトへ作品投稿してくださった方への 
パターンプレゼントの ペットボトルケース
小(350ml)は その時の生地で作ってみました。



左の写真は 
サクレクール界隈のカーテン生地専門店です。
日本に無い様な素敵なインテリア素材がいっぱい。

私はここのカーテン生地で BAGを作りました。





皆さんも お手持ちにお気に入りの生地があって
FSmikiのサイトのパターンをご利用いただくこともあると思います。
ただ、その場合は お手持ちの生地を生かしたパターンと言う訳にはいきません・・・・

そこで生地とパターンをあわせるコツ、アドバイスします。

まずサイトで選んでいる生地の情報(厚さ、透け感、伸び)は知ることができるので
それに出来るだけ近い生地でするのが無難です。

<生地の情報>
   テクスタイルデポさんではそれぞれの素材に表示があり、ヘルプで説明があります。
   ソールパーさんも素材を選ぶと 生地写真の横に表示されています。 


でもちょっと違うのが解かってはいても お気に入りの生地で作ってみたいという時は・・・!
面倒でも ”仮縫い(手縫いで仮にざっと組み立てる)”をしてみてください。
そして難しく考えず、好きなように手直ししましょう。 予測できる変更箇所の縫い代は
多めに取っておく事・・・この”予測すること” と ”仮縫いで確認、手直しすること”の
一手間で 思っていたイメージに グンと近づけるはずです!



2010/06/17 12:00 | ダウンロードサイト | コメント(1) | トラックバック(0)
<<”わけあり”のリラクマ | ホーム | CADをクラウド化>>
コメント
なるほど
「仮縫い」のイメージが、洋裁学校時のトラウマでとても大変なように思っていましたが、ギャザーを寄せてみて分量感を確認するのも、これまた仮縫いみたいなものですねe-278
一手間かけることで、自分のお気に入りが出来ると、愛着が湧いてきて楽しいかも・・e-266
2010/06/18 00:16| URL | じゅんぴー #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |