ふぞろいの炭たち
池田炭(菊炭)のその後です。
その切り口が菊の花のようだから、菊炭と呼ばれているのですが
自然界からの創造物は こんなふぞろいの産物もあって、なんとも愛おしいです。
人が大の字になっていたり、ハート型だったり、かもめだったり、
顔、花火、とんぼ、キスマーク?・・・・ 
ふぞろいの炭たち


そして、私が池田炭(菊炭)を知るきっかけになったのが、このオブジェです。
自分で 木を切るところから始め焼いた炭で、記憶を再現して創ってみました。
なかなか いい感じに仕上がっています・・・・・   (一つの炭の直径は約7cm)
       菊炭オブジェ 300

和紙は 京都の和司柿本さんの手漉き檀紙、奉書赤柾、金雲入り和紙、水引6尺(10本)
炭のカットは自分でも出来ますが 今回は池田炭加工処の植杉さんに手伝っていただきました。


2010/05/05 00:00 | 池田炭(菊炭) | コメント(0) | トラックバック(0)
<<芦屋浜のヨットハーバー | ホーム | 縫製工程図を描いている人>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |