スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告
故宮博物院の「人人人(ひとと)」
台湾の国立故宮博物院が目的の「書の旅」をしてきました。
今、故宮博物院では "筆に千秋の業あり-書道の発展" の展示期間中です。

書道を習い始めてまだ1年ですが、木村翼沙先生の書道教室では
古より今に至る中国書道史の発展に影響を与えた書家(今で7人位)の臨書をさせて
もらっています。
今回それら書家の直筆を歴史の時を超え間近で触れることが出来、改めて気づいたのですが
書の伝統と歴史を臨書するという意義深いことをしていたんですね・・・・

400 故宮博物院

130 毛公鼎
右は故宮の至宝「毛公鼎」です。内側には500字に及ぶ
銘文が刻まれ、漢字の源流を探る文献になっています。
すぐ横で、甲骨文字からの字形の変化を映像化しています。
「人」の字があります!

東レACSのクラウド型アパレルCADのネーミングは
「人人人(ひとと)」で ロゴは漢字の源流 甲骨文字の「人」
だったんですね! 
女流書道家紫舟氏によるものです。


hitoto-thumb-145x190-580_125x165.jpg <紫舟氏のHPより>
ネーミングもロゴも数百種類の案を出しました。最終的には、人とともに歩んできた東レACSがアパレル業界の人と結び、業界の人々のこれからに貢献していく。つまり「人とともに、人を結び、人に貢献する」という意味を込めた『人人人(ひとと)』という名前を生み出しました。ロゴについても、人と人が手を取り合っている。つながっている、あたたかな姿なものに辿り着きました。


240 甲骨文字
人の正面の形を使った字いろいろ・・・・面白い!



東レACSのクラウド型アパレルCAD「人人人(ひとと)」の説明会で
実践講座の卒業生とよく再会します。
クレアコンポから「人人人」へ切り替えを考え中とのこと・・・・
キャンペーン中のレンタル料金と「人人人」の利用料金がほぼ同じなのですから
もちろん「人人人」への切り替えをお薦めしたいです。

①これからCADをはじめる → 「人人人」でスタート、もちろんです。
②クレアコンポをレンタルしている → 「人人人」へ切り替えをお薦めします。
③すでにクレアコンポを購入している → パソコンが壊れるまでクレアコンポを使い切る。

と、私はこんなふうにお薦めしています。



2012/07/07 09:30 | パタンナー・CAD | コメント(3) | トラックバック(0)
<<前のページ | ホーム |

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。