スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告
池田炭(菊炭) 伝統体験 3回目
いよいよクヌギの原木を窯入れする日・・・

池田炭を焼く窯は池田窯と云われ 大きな鳥がごの様なものにムシロと
近くの山より採取される粘土を 厚くたたきつけて作られている。
外からはこじんまり見えるが 奥行き3.0m巾2.7m、窯の中では人が立てる。
入ると、中は結構広く、炭出し後の温もりが残っていて 暖か・・・・
すぐに目も慣れてくる。
薪池田窯
                       豊能町切畑地区の下西窯、100年経っている。


高木さんこの中に10人以上の大人が入り
菊炭クラブの高木 一宇さんから説明を聞く。
その静かな口調が窯の中で響き
100年経つ伝統の池田窯で池田炭を焼くという
”伝統の重み”を感じさせる。

さらに 高木さんの説明は続き
今体験していることは
昔から受け継がれてきた人々の
”知恵の結晶である”と。
この言葉に 感動してしまった。




1本のクヌギから炭になるものと、あげ木や柴にして燃やすもの。
同じ窯の中にそれらを一緒に入れて 炭を作り出す炭焼きの技は神秘的。
指導のもと 参加者全員で窯の中に木を配置する。
窯の容量は2トン、炭になるのは20%、長い炭はわずか10%・・・

炭焼き名人 下西 満雄さん(84歳)の手で火付けがされた。

実は今回のコースはTVカメラが入っていて、放送がもうすぐ。
朝日放送で 3/1(Mon.) 5:20AM~ ”おはようコール” 
私、インタビュー受けたんですが、映るかなぁ?

炎取材 

焚き付けからずっと燃やし続けられ 窯の中ではいろいろな変化が起きている。
外から分かるのは煙の色、量、におい・・・・
8~12時間後、大量の煙が噴出してバックファイヤーが見れることもあると聞いて
翌日、もう一度行ってみたが 残念ながら遭遇できず。
その代り、煙の噴出がおさまる頃に空気の入り口をレンガ1個分に狭める
地窓づくりを見ることが出来きた。

したにし爺地窓1

炭焼き名人の下西さん 窯の上に立つ。
後ろ手に組んだこのショット、気に入ってます。
(先日この写真、名人に差し上げに行ってきました。)
手前にあるのは 煙突の煙を集めて木酢を作る装置、右の写真は地窓で土を覆う寸前。

次回はいよいよ 炭出しです。


窯全景
   窯の全景 (このときの煙は 結構モウモウとして喉に刺す感じ)

   



スポンサーサイト
2010/02/27 08:00 | 池田炭(菊炭) | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。